一般皮膚科

一般皮膚科

一般皮膚科赤ちゃんからお年寄りまで、頭のてっぺんから足の先まで、目で見えるところはすべて皮膚科で対応します。また皮膚以外にも髪、爪、毛などのトラブルにも対応しています。
「こんな些細なことで受診してもいいの?」「恥ずかしいので見せたくない」このような患者さんのお声を聞くことがよくありますが、皮膚のトラブルは誰でもかかることのある身近なものです。ちょっとしたことでも、どなたでもお気軽に安心して受診できるクリニックを目指しておりますので、皮膚のことでご心配やお悩みのことがございましたら、お気軽にご相談ください。
皮膚科専門医の視点から、正確な診断とエビデンスに沿った治療を心がけています。また患者さんごとの希望にできる限り沿った治療法を提案するようにしています。

主な皮膚の病気

湿疹

「赤くてかゆい発疹ができました」皮膚科を受診される患者さんにとても多くみられる疾患です。原因は、自己免疫や食べ物アレルギー、ダニ、ハウスダスト、薬疹、ウイルスなどがありますが、中には原因がはっきりしないものもあります。湿疹・かぶれなどはかゆみを伴うことが多く、辛いものです。患部を掻いてしまうことによってとびひになってしまうこともありますので早めの受診をおすすめします。治療は、かゆみや炎症を抑える外用薬や内服薬を使用します。

かぶれ(接触性皮膚炎)

「毛染めをしたらかゆくなりました」「原因はわからないけど湿疹が繰り返しできます」皮膚に直接触れたものが原因となって起こる炎症や湿疹をかぶれ(接触性皮膚炎)と言います。ご自身で原因がわかっているケースと、原因とは気がつかないまま使用し続けているケースがあります。アレルギー性接触皮膚炎は、化粧品、毛染め料、香水、アクセサリーの金属、ゴム製品や皮革の加工に使われる化学物質、植物、果実、外用薬・消毒薬・点眼薬など、身のまわりにある無数のものが原因になりえます。原因を特定する場合は、「パッチテスト」を行います。パッチテストとは、原因と思われる物質を皮膚に貼りつけて反応をみる検査です。原因物質がわかったら、その物質が含まれるものに接しないように気をつけることが大切です。

アトピー性皮膚炎

「乾燥した湿疹が繰り返しできます」アトピー性皮膚炎は、繰り返す慢性の湿疹と皮膚の乾燥が特徴的な皮膚疾患です。小児で発症することが多いですが、成人で発症する場合もあります。喘息のほか、アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎のある家系に出やすい傾向があり、また、ダニや食べ物などのアレルギーが起きやすいのも、アトピー性皮膚炎の特徴です。治療は、日本皮膚科学会のガイドラインに基づいて保湿剤やステロイド外用剤を中心とした外用療法、抗アレルギー剤の内服療法などを行います。必要に応じて悪化原因を調べるためにアレルギー検査を行うこともあります。スキンケアが欠かせないものとなりますので、定期的な皮膚科への通院が必要となります。

じんましん

「赤く盛り上がった発疹があってかゆかったのですが、数時間で消えていました」かゆみの強い、蚊に刺されたような盛り上がった発疹が数時間~24時間以内にできて消えていく皮膚疾患をじんましんと言います。じんましんの原因は、食べ物や内服薬、細菌やウイルスの感染などさまざまで、検査としては血液検査IgERAST法、一般血液検査等を行います。しかし、慢性じんましんでは原因が特定できないことが少なくありません。治療は抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤などを使用します。

ニキビ(尋常性ざ瘡)

「額に赤いブツブツができました」ニキビの直接的な原因は、①皮脂の過剰な分泌②毛穴の詰まり③アクネ菌の増殖です。過剰に分泌された皮脂が毛穴に溜まり、面皰(めんぽう)という状態になります。この毛穴に溜まった皮脂を栄養源にして、アクネ菌は増殖していき、赤く炎症を起こしたニキビとなります。大人のニキビは、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、紫外線、ストレスや生活環境など、様々な要因が複雑に絡み合ってできることが多く、治りにくいのが特徴です。思春期ニキビは、成長期のホルモンバランスの急激な変化が原因で発症します。治療にあたっては、ニキビの種類と重症度を判断し、外用薬、内服薬(抗生物質、ビタミン剤、漢方薬など)などの中から選択します。たかがニキビと放置してしまうとニキビ痕や色素沈着となってしまいますので早めに治療することをおすすめします。また、保険外治療となりますがケミカルピーリングなども効果的です。

水虫(白癬)

「足の指の間がふやけてかゆいです」「かかとがガサガサでひび割れができました」「爪が白くもろくなってきました」水虫は、白癬菌(はくせんきん)というカビ(真菌)の感染により発症する疾患です。水虫かどうかの診断は角質または爪の一部を採取し顕微鏡で白癬菌を確認することが必要です。水虫と自己判断し、市販の水虫治療薬を外用する方も多いと思います。一見水虫のように見えても実は湿疹である場合も多く、かぶれを起こしてから受診される方も多くいらっしゃいます。やはり皮膚科での正確な診断、治療を受けるのが完治への近道です。治療は外用剤、内服薬(爪水虫)が基本となります。

虫刺され

虫刺され(虫刺症)では、虫に刺された直後から翌日以降に、その部分が赤く腫れたり、水ぶくれになったり、しこりになったりします。特に小さいお子さんでは、腫れやすいものです。皮膚科の治療では、ステロイド軟膏を短期間外用します。腫れやかゆみが強い場合は、抗アレルギー薬を服用します。かゆいからといって患部を掻き壊すと、とびひになったり、治りにくい痒疹になることがありますので、きれいに治すためにも、皮膚科への受診をおすすめいたします。

巻き爪(陥入爪)

「足の親指の爪が皮膚に食い込んで歩くと痛みます」巻き爪とは、足の指の爪の両端が、内側に湾曲した状態を言います。負担のかかりやすい親指の爪が巻き爪になることが多いのです。巻き爪が進行すると、指の皮膚に爪が食い込んでいき、炎症を起こして強い痛みを引き起こすようになります(陥入爪)。当院では、テーピング法、形状記憶合金ワイヤー(マチワイヤー)を用いた痛くない爪の矯正、化膿してしまっている場合は手術も行っています。

いぼ(尋常性疣贅)

「手や足にブツブツができてだんだん増えてきました」いぼは、ヒトパピローマウイルスの感染により生じます。ウイルス感染ですので、放置すると感染して増えて、家族内などでも感染することもあります。治療は、液体窒素療法、内服療法、外用療法、炭酸ガスレーザーなどを行います。いぼの治療は1回で完治することはなく、複数回の治療が必要となることがありますので、根気よく治療を続け、一緒に完治を目指しましょう。

たこ(胼胝腫)・うおのめ(鶏眼)

たこやうおのめは、足の決まった場所が慢性的に刺激を受けて発症します。治療は厚くなった角質を削り取ります。再発予防のために外用治療も行います。また、たこ・うおのめのように見えて、実はウイルス感染によるいぼ(尋常性疣贅)だったということがお子さんによくみられます。治療法が異なりますので、鑑別をきちんとつけるために皮膚科への受診をおすすめします。

ヘルペス

「疲れが溜まると唇の縁に細かい水ぶくれができてピリピリします」単純ヘルペスウイルスの感染で起き、顔にできる1型と外陰部や臀部などの下半身にできる2型ウイルスの2種類があり、初感染で口内や外陰部に発疹が生じた時は高熱と激痛が伴います。治療は、抗ウイルス剤の内服と外用を行います。発疹の出る前にチクチクする感じなどの予兆の出ることが多く、その時点で内服を始めると治りが早まります。しかし、単純ヘルペスウイルスは一度感染すると神経節に潜伏するため、疲労、ストレス、かぜなどによって免疫力が下がると再発を繰り返すことがあります。

帯状疱疹

「片側の胸から背中にかけて細かい水ぶくれがたくさんできてチクチク痛みます」みずぼうそう(水痘)のウイルスである水痘・帯状疱疹ウイルス(VZV)が、過労、他の疾患、手術などにより免疫力の低下により再活性化することによって発症します。体の片側の一定の神経支配にそって痛みを伴った細かい水ぶくれが帯状に生じます。診断、治療開始が遅くなるほど、帯状疱疹後疼痛という神経痛が長い間残ってしまうことがあります。早期に皮膚科を受診して抗ウイルス薬内服や点滴治療を開始することが大切です。万が一帯状疱疹後神経痛が残ってしまった場合は内服薬によるペインコントロールも必要となります。

脂漏性湿疹

小児だとほとんどの乳児に発症しますが、月齢が上がるとともに自然に治ります。大人の場合は頭皮にフケ、かゆみ、顔にもカサカサした赤みかゆみを生じて治りにくいのが特徴です。原因としては皮脂の成分の質的異常であり、皮膚の機能の老化が関係しています。効果的なシャンプーを使用したり、顔の脂漏部位(額、鼻のまわり)を石鹸をよく泡だてて洗いましょう。治療はステロイド、ケトコナゾール等の外用治療、脂漏のコントロールのためにビタミンB群の内服などを行います。

皮膚腫瘍(できもの、しこり)

当院では、下記のような皮膚に生じたさまざまな皮膚腫瘍に対して必要に応じて手術も行っております。なお、皮膚がんであった場合など、必要があれば適切な医療機関をご紹介いたしますので、安心してご相談ください。

ほくろ(黒子、色素性母斑)

色素性母斑とはメラニン色素を作る母斑細胞が集まってできた黒褐色のあざのことで、ほくろのような小さなものから生まれつき存在する巨大なものまで大きさは様々です。ダーモスコピーという拡大鏡で悪性の所見がないかどうか確認します。

脂肪腫

脂肪腫とは、脂肪の成分が増殖したものを言います。皮膚の下にやわらかい固まりとして触れることができます。体の表面どこにでも発生し、大きさはさまざまです。

ガングリオン

袋状になった嚢腫に中にゼリー状の物質が詰まった腫瘤です。手足の指などの関節の上によくできます。症状はないことが多いのですが、神経付近にできると神経を圧迫し、しびれや痛みなどを引き起こします。

アクロコルドン

主に首などの皮膚のやわらかい場所にできる、2~3mm程度の良性腫瘍です。徐々に増えるのが特徴です。通常はドーム状、または茎を持った形状で隆起し、色は肌色から濃い褐色までさまざまです。

石灰化上皮種

皮膚のすぐ内側にカルシウムが沈着して、石灰のように硬くなる良性腫瘍です。ほとんどは無症状ですが、時にかゆみや押した際の痛みを伴ったりすることもあります。

粉瘤

粉瘤(ふんりゅう)はアテロームとも言い、毛穴の奥にできた袋の中に老廃物や皮脂が溜まった半球状の腫瘍で、中央部には黒点状の開口部があります。時に細菌感染を起こし急に腫れて痛みが出ることがあります。その際には早めに皮膚科を受診することをおすすめします。

円形脱毛症

自覚症状もなく突然円形の境界がはっきりした脱毛斑が出現します。通常は1つですが、多発することもあります。人口の1-2%がかかる可能性があり、比較的一般的な病気です。ストレスで円形脱毛症になったという話はよくききますが、ストレスは原因というよりも引き金になっていると考えられており、現在では円形脱毛症は「自己免疫反応」により、毛を作る細胞である毛母細胞が傷害されることで発症するものであるという考え方が主流になっています。甲状腺疾患、アトピー性皮膚炎、膠原病などに合併することもあり、精査が必要になります。治療は局所の炎症を押さえるステロイドや、脱毛部の血流を増加させるつけ薬があります。その他に液体窒素による冷凍療法や人工的にかぶれをおこさせる局所免疫療法などもあります。

乾癬

尋常性乾癬とは、境界のはっきりした赤い発疹で、銀白色の麟屑(カサカサした厚いカサブタ状のもの)が付着しています。かゆみが伴うこともあります。発疹は主に慢性的かつ機械的な刺激を受けやすい頭部、肘・膝、臀部、下腿などにできます。皮膚以外にも、爪の変形や関節炎を伴うこともあります。

はっきりとした原因はまだわかっていませんが、体質的な要素(遺伝的素因)に気候、ストレス、かぜ、喫煙、飲酒、食生活などの外的因子と糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、肥満などの内的因子が加わって発病すると考えられています。治療は、塗り薬(ステロイド、活性型ビタミンD3、保湿剤など)、飲み薬(免疫抑制剤、レチノイド)、光線療法が一般的ですが、現在は分子標的薬という注射の治療も開始されています。

やけど

やけどをしたら、流水で30分程度すぐに冷やしましょう。その後、赤みが続いたり、水ぶくれができてしまったら、早めに皮膚科を受診しましょう。受診が遅れると、細菌感染が起こったり、あとが残ってしまうことがあります。特に注意が必要なのは、低温やけどです。湯たんぽやカイロによるやけどはゆっくりと深い組織まで損傷するので、治るまで何ヶ月もかかったり、手術が必要となることもあります。当院では症状に応じて軟膏や被覆材を用いた湿潤療法にて治療しています。

外傷(けが)

当院では傷の状態によって、軟膏や被覆材を用いた湿潤療法を行っています。必要があれば傷の縫合を行います。傷の状態や深さによっては形成外科や整形外科をご紹介することがあります。

湿潤療法(うるおい療法)とは?

体が本来持っている傷を治そうとする「自己治癒能力」を最大限に生かす新しい治療法です。傷をきれいに早く治すためには「消毒しない」「傷を乾かさない」ことが大切です。生きている細胞は消毒したり乾燥すると死滅します。傷が乾燥すると、一見治ったように見えてしまいますが、実際には傷を乾かすことは、傷の治りを遅らせることになるのです。湿潤療法では、従来の傷口を乾燥させ「かさぶた」を作って治す治療に比べ、痛みが少なくきれいに治るのが特徴です。当院では積極的に湿潤療法を取り入れています。湿潤療法に適さないきずもありますので診察の上ご相談ください。

一番上に戻る
029-871-8080 WEB当日外来予約 求人募集