外科

外科

外科切り傷、咬傷、擦り傷、やけどに対処します。縫合が必要な場合も当院で処置可能です。
いぼや魚の目、巻き爪などにも外科的処置が可能です。
皮膚腫瘍、皮下腫瘍の日帰り小手術も行っております。
創傷治療に関しては、痛みが少なく、傷が早く治る「湿潤療法」を積極的に用いています。湿潤療法により、痛みが少なく、早く、きれいに傷を治します。

湿潤療法とは

これまでの傷治療は、何度も消毒を行い、乾燥させて“かさぶた”を作っていたため、傷へのダメージが深く、治癒にも時間がかかり、きれいに治しにくいものでした。これに対して、湿潤療法では、傷を水で洗い流し、乾燥させずに特殊なシール材である創傷被覆材で覆います。これによって頻回の消毒によるダメージがなく、乾燥させないため治癒が比較的早く、きれいに治ります。また、創傷被覆材で覆ったら基本的にそれ以降は何もしなくていいため、受診回数も減らせます。

巻き爪

巻き爪爪の左右の端が皮膚に深く食い込んでいる状態が巻き爪で、炎症を起こしたものは陥入爪と呼ばれます。陥入爪の場合、炎症を鎮めるために患部をきれいにして抗生剤を処方します。食い込みが強くて炎症を繰り返す場合、炎症が悪化して歩行にも影響する場合にはワイヤーによる矯正治療を行っています。

粉瘤

粉瘤かたいしこりが触れるできもので、皮膚にできる良性腫瘍です。皮膚の下に嚢胞(のうほう)という袋状の組織ができ、そこに老廃物などがたまっている状態です。この嚢胞は皮膚と同じ構造を持っていて、きれいに除去しないと再発します。感染すると炎症を起こし、赤みや腫れ、痛みを起こし、化膿してしまうこともあります。また大きくなってしまうときれいに治すことが難しくなるため、早めの受診をおすすめします。

一番上に戻る
029-871-8080 WEB当日外来予約 求人募集