消化器内科

消化器内科

消化器内科胸焼け、つかえ感、胃もたれ、胃痛、食欲不振、吐き気、嘔吐、腹痛、腹部膨満、便秘、下痢、残便感、血便などの症状をお持ちの方、胃バリウム検査や便潜血検査で異常を指摘された方に対して診療を行い、逆流性食道炎、胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃ポリープ、大腸ポリープ、食道がん、胃がん、大腸がん、大腸憩室、クローン病、潰瘍性大腸炎、機能性胃腸障害、過敏性腸症候群、ヘリコバクターピロリ感染症、胆のう結石、脂肪肝、膵炎、急性虫垂炎などの幅広い疾患に対応いたします。
症状に応じて、レントゲン検査や腹部超音波検査、内視鏡検査を行い、病態を正確に診断し、適切な治療を提供します。
内視鏡検査は苦しくない無痛胃内視鏡検査(胃カメラ)、無痛大腸内視鏡検査(大腸カメラ)を行っています。お腹の症状が気になる方は放置せず一度診察を受けることをおすすめします。

対象疾患

  • 逆流性食道炎
  • 胃炎
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • ヘリコバクターピロリ感染症
  • 胃ポリープ
  • 大腸ポリープ
  • 食道がん
  • 胃がん
  • 大腸がん
  • 潰瘍性大腸炎
  • クローン病
  • 大腸憩室
  • 機能性胃腸障害
  • 過敏性腸症候群
  • 胆のう結石症
  • 膵炎
  • 脂肪肝
  • 急性虫垂炎

便秘外来

便秘外来便が出にくく悩んでいる便秘の方が増えています。
便秘を放置すると、肌荒れやお腹の張り、食欲低下の原因となります。
便秘によって腸内環境が乱れて健康状態の悪化にもつながります。
特に女性は便秘で悩んでいる方が多いと思います。お気軽にご相談ください。

ヘリコバクターピロリ菌外来

ヘリコバクターピロリ菌外来ピロリ菌は胃に生息し、胃・十二指腸潰瘍を引き起こすほか、持続的な胃炎を引き起こすことで、胃がんのリスクを大幅に高めることがわかっています。胃がんの多くが、ピロリ菌が原因と言われています。胃がんのリスクを軽減するために、ピロリ菌の存在の有無を積極的に診断し、ピロリ菌感染と診断された場合は速やかに除菌治療を行うことが望ましいと考えられています。
詳しくは診察の際にご説明いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

超音波検査

腹部超音波検査では、肝臓、胆のう、膵臓、脾臓、腎臓、膀胱、前立腺などを観察します。
超音波検査は放射線被ばくを一切せず、身体の一部にゼリーを塗るだけで痛みも全くないため、とてもリラックスした状態で検査を受けていただくことができます。お腹に症状がある方はもちろん、検診で肝臓や膵臓の異常を指摘された方、胆のう結石や胆のうポリープを以前に指摘された方なども超音波検査を受けることをおすすめします。また、当院では頸動脈超音波検査も行っており、血管壁や血管内腔を観察することにより、簡単に動脈硬化の有無を調べることができます。高血圧や高脂血症、糖尿病など生活習慣病をお持ちの方、動脈硬化が気になる方はお気軽にご相談ください。

検査項目

  • 肝臓
  • 胆嚢
  • 膵臓
  • 脾臓
  • 腎臓
  • 膀胱
  • 前立腺
  • 頸動脈
  • 虫垂
一番上に戻る
029-871-8080 WEB当日外来予約 求人募集