ブログ

2017.03.06

初めての胃カメラ

初めて胃カメラを受けました。

検査前の楽しそうな後輩と、少し不安な私です…

カメラには、経口内視鏡と経鼻内視鏡の2種類があります。

何が違うか?

太さが違います。経鼻内視鏡は鼻から入れる用なので極細なのです。

今回は経鼻内視鏡を口から飲みました。

少し前まで経鼻内視鏡は画質が悪いと言われていましたが、最近は経鼻内視鏡の画質は経口内視鏡と変わらないくらい良くなっています。

検査中は後輩も真剣です。

検査中、「おえっ」となることなく無事終了しました。後輩も上手にやってくれましたし、細い内視鏡は口から飲んでも楽でした。

胃カメラを受けることに不安な方への一番のおすすめは、鎮静剤を使って眠っている間に検査を受けてしまう方法です。鎮静剤を使うと、検査を受けたことをほとんどの方が覚えていません。時間に余裕があって自分で車を運転しなくても帰ることができる方にはおすすめです。

私のように自分で車を運転して帰らなくてはならない、時間に余裕がない方は、経鼻内視鏡を鼻から挿入するのをおすすめします。口から挿入するよりも、「おえっ」という咽頭反射が少ないからです。ただ、鼻の通り道が狭くて痛みを感じた方は、経鼻内視鏡をそのまま口から挿入するのが良いでしょう。

当院でも、鎮静剤を使った苦しくない胃カメラ、経鼻内視鏡検査を行う予定です。

胃カメラにはいろいろな方法があります。開院後に是非お気軽にご相談ください。

一番上に戻る
029-871-8080 WEB当日外来予約 求人募集