ブログ

2017.09.29

インフルエンザ予防接種は何歳から受ければよいか?

ワクチン先進国のアメリカ疾病管理予防センター(CDC)が今年発表した内容によると、生後6ヶ月を過ぎたら全員ワクチンを接種した方がいいとしています。

 

また、2回接種が必要な13歳未満は、間隔を4週間はあけることが望ましいと報告されています。日本では2〜4週の間隔をあけてとしていますが、できれば4週あけた方が効果が期待できます。

 

よって、13歳未満は、遅くとも10月中には1回目を終わらせるのが理想的です。

 

インフルエンザワクチンを接種することのメリットは、発症そのものを予防できたり、重症化が防げるなどたくさんあります。

 

ポスターにあるように、ファミリー全員が予防接種を受けることをおすすめします!

一番上に戻る
029-871-8080 WEB当日外来予約 求人募集